LOG IN

抗がん剤治療13クール目。そろそろこの生活疲れちゃった。

by chiharu


診察で先生に話すこと↓

点滴後2週間後に足裏が痛くなって歩くことも苦痛になる。熱を持ってジンジン痛む。それが大体5日くらい続く。

手のひらが痛い。指先の感覚が少しずつ無くなっている。

先生「薬は根性で飲み続けなくても良いよ。」

でも、やっぱり薬を止めるのは不安を覚える。

診察が終わり、1時間ほど待って点滴を40分間おこなう。

会計ではさらに1時間まち。

今日は8:30に病院に到着。14:00までかかった。

今日は母が付き添いに来てくれた。母も体調がかなり悪いのに申し訳ない…

3週間に1回、通院で治療を行うという生活を開始して10ヶ月。いつ消えるか分からない私の体内に住み着いている癌。

治療に期限がないから、ゴールが見えない毎日。人と会うことを避けてる自分がいるから、自然と笑顔が減った。

この4月から仕事の日数を少しだけ増やした関係で国保から社保に切り替える必要があった。今日の支払いは20万超え。申請すれば少しは戻ってくるが、この先の見えない不安な気持ちに、追い討ちをかける経済的負担という現実。

悲しくなって、会計で涙が出てきた。

数ヶ月前の前向きな気持ちはどこに行ったのだろう。

ちょっとね

疲れちゃった。

生きる目標、見失わないようにしないと。

でもそれが分からなくなった。

私の中では「今のように動けるのはあと3年」だと思って生きている。何を生き甲斐にしたらよいか決まらない今、焦る気持ちから自分がわからなくなる時がある。

この負のスパイラルに入るとなかなか抜け出せない。

誰かと話すことすら疲れてきたな。




chiharu
OTHER SNAPS